中高年ビルメン退職理由7選ご紹介!

中高年でビルメン業界へ転職してくる方で、早い段階で辞めていく方がいます。
せっかくビルメンを目指そうと決意し、職業訓練校へ行き資格を取り、転職活動して、思ってたのと違うのでは、もったいないですし、早い段階で気づけたら、ビルメンを選ばずに、他の業種へ行ってたと思います。
そこで今回は、早い段階で気づいて欲しく、どんな理由で中高年ビルメンが辞めるのか、ご紹介していきたいと思います。

サクッと動画で見たい方はこちら!

想像以上に仕事がきつい

これは現場の選択ミスと言えます。
大原則として、きつい現場ほど求人頻度が高いです。
なのでこのような求人に中高年の中途ビルメンが入りやすく

その現場は、激務現場となります。
激務現場といえば、ホテルや商業施設、病院などが有名ですね。

関連記事

病院ビルメンって物凄くネガティブなイメージがありますよね?私自身、病院ビルメンに対して物凄くネガティブなイメージを持ってます。しかし、朗報がありました!知り合いのビルメンが病院で勤務している方から(ち[…]

関連記事

どうも田中です。今回は、私のYouTubeで質問が来ました。「ホテルビルメンについて、記事を作成してください」と来ましたので作成したいと思います。今回この記事を作成する中で、病院の次にホテルは激務だと感じました。[…]

多少きつくても、体力に自信があるから、なんとかなるという気持ちで、忙しい現場だと分かった上で転職したら、想像以上にきつくギブアップしてしまうというパターンが多いです。
全部が全部当てはまるわけではないですが、オフィスビル以外は仮眠時間を削って対応しなければいけない現場が多いです。
なので、中高年で転職する際は、現場指定求人がおすすめです。
現場指定求人とは、ハローワークで書かれてある就業予定場所のことです。
ここを参考に、オフィスビルを狙い撃ちしましょう。
しかし、そのオフィスビルに入るためには、資格が必要となります。
なので、ビルメンを目指そうと思ったら、まずはビルメン4点セットを取りましょう。
危険物乙4やボイラー2級に関しては、すぐに取れやすい資格なので、早い段階で申し込んで、資格取得をしましょう。

関連記事

どうもビルメン田中です。2級ボイラー技士の資格は難易度が上がったのか気になりますよね。結論から言うと、ボイラーの構造に関する知識のみ傾向が少し変わったように見えます。なぜ今回この記事を作成したのか?以前私が出した2級[…]

自尊心が高い

これはビルメンあるあるかもしれませんが、自尊心が高いというかプライドが高い人ははっきり言って嫌われます。
なぜ嫌われるかというと、その態度が仕事内容に現れます。
例えば、先輩ビルメンから点検や対応方法など教わっているのにも関わらず
なぜか上から目線で、接したりします。

田中
そうなると、当然先輩ビルメンは、なんだコイツはと思います。

そうなると、先輩ビルメンは教えてくれなくなります。
そうなると、ビルメン業務を覚えられず使い物にならないビルメンになってしまいます。
ここで、自尊心が低い人はこのようなことにはなりませんので、ビルメン業務を覚えてどんどんレベルアップできますが、自尊心が高い人は教えてくれない先輩が悪いと言って先輩の責任にしてしまって、成長がそこで止まってしまいます。

田中
こうなってしまったら、もう取り返しがつきません。

現場を変えてもらうか、退職願を出すか、どちらかだと思いますが、帰りに現場を変えてもらったとしても、自分の性格が治らない限り、同じことの繰り返しです。
この動画では何回か伝えてますが、中高年というだけで、ビルメン業界ではハンデがあります。
なぜかと言うと、中高年の立場で、現場に配属されると、教えてくれるのは、そこの現場にいるリーダーだと思いますが、そのリーダーは、自分よりも歳が上の人に教えたいという気持ちはあまりないです。
そんな中で、自尊心が高いということがリーダーで使ってる中で、果たしてリーダーはちゃんと教えてくれるでしょうか?
このような理由で、自尊心が高い人は、すぐに辞めていきます。
なのでビルメン業界へ入ると決めたのであれば、自尊心は横に置いて、来ることをおすすめします。
③誰も教えてくれない
これは先ほどの、自尊心が高いというところでも触れましたが、先輩ビルメン達が、誰も教えてくれないのはかなりきついです。
ここで大前提としてわかって欲しいのが、 先輩ビルメン達は、教えるのが苦手ということです。
そもそも自分たちも、まともに教わらずに、やってきたということです。
自分が教わってもないのに、なぜ人に仕事を教えなきゃいけないんだという、気持ちの人がほとんどです。
なので、仕事は親切に教えてくれるだろうと思って、 待っていても誰も教えてきません。
じゃあそこの設備リーダーは、教えてくれるだろうと思って、待っていても、設備リーダーの仕事が忙しすぎて、教えられないというパターンもあります。
なのでこの動画を見てる時点で、ビルメン業界では親切に教えてくれるということは、皆無だと知ってください。
そして自分から、どんどん聞いていかないと、生き残れないと自覚してください。
しかしここで問題点があります。
それはビルメンの先輩たちは、教えてくださいと聞かれるのも嫌ということです。
じゃあどうすればいいのか?
自分から聞くことによって、親切に教えてくれる先輩は一人はいると思います。
その方を狙い撃ちしましょう。
分からないこと聞きたいことをメモしておき、その先輩がいる時に集中的に聞くようにしましょう。
④仕事内容が底辺すぎる
ビルメンの仕事を目指す上で、これは避けては通れない業務ですが、こんなこともビルメンになったらやるのかと、 思わされることがあります。
そう思わせる業務としては、
・トイレの詰まり対応
・汚水槽の対応
・ネズミが発生した場合の対応
・ウォーターサーバーの設置
このような業務をやることがあります。
このような業務を経験してしまうと、この仕事を続けてて本当にいいのかと、考える人がいます。
ビルメンになったら、必ずこのような業務はありますので、把握しておきましょう。
⑤パソコンが苦手
ビルメン業務は、意外とパソコン作業があります。
パソコンが苦手だと、仕事にならないぐらい、パソコンを使う機会があります。
最低限、 エクセルとワード ができないとができないと厳しいです。

逆にパソコンが得意だと、かなり重宝されます。

というのも、先輩ビルメン達も基本的にパソコンには、詳しくない人がほとんどです。
そんな中で、パソコンが得意だと、下手したら一歩頭が出る存在になるかもしれません。

そのぐらいパソコンができる人は、重宝されます。
なので、この動画を見ている中高年の方は、最低限エクセルとワードはできるようにしておきましょう。
⑥生活水準が落とせない
ビルメンとなり、前職より給料が大幅に下がって、住宅ローンなどが返せないということがあります。
生活水準を見直せば、やっていけると思いますが、なかなか生活水準落としたら生活ができない人がほとんどです。
今までは手取りで、30万円ぐらいもらったけど、ビルメンになると手取りが16万くらいになってしまいます。約半分も下がってしまうので、手取り三十万な生活をしていたら、破綻してしまいます。
なのでビルメンを目指すのであれば、まずは手取り16万の生活を実践してみてください。
⑦モチベーションが高すぎる
この話を聞くと、モチベーションが高いのはいいことじゃないかと思うかもしれませんが、ビルメン業界は少し違います。

なぜかと言うと、ビルメンの人たちは、今までと違うようなことをされると嫌な考えられます。
そんな中で、モチベーションが高い人は、改善運動を始めます。

モチベーションが高い人にしか見えない世界ってありますよね。

しかしビルメンの先輩たちは、そこまでモチベーションは高くありません。
なので改善運動を始められて、余計な仕事増やされたら、嫌だと感じてる人はほとんどです。

なのでこういった運動始めると、煙たがる人がいます。

そして最終的には、嫌われてしまいます。
そういったことを感じ取って、 モチベーションが高い人たちは、余計なことをしてはいけないと思い、改善運動はやめて、ビルメンの先輩達と同じような考えになります。

ここで、ビルメンの先輩達と同じような考えになれればいいのですが、どうしても納得できなかったり、モチベーションが高いゆえに、居心地が悪かったりして、退職してしまうビルメンもいます。
なのでこの動画を見ている中高年の方で、ビルメンを目指すのであれば、このような現実が待ってるかもしれないということを、ご承知おきください。
まとめ
今回は、中高年ビルメンが辞めていく理由をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?
せっかくビルメンを目指そうとして、 資格も取ったのであれば、楽しいビルメンライフが送れないと、もったいないですよね。

今回ご紹介した、 理由を踏まえて、楽しいビルメンライフを送れるように頑張りましょう。

最新情報をチェックしよう!