二級ボイラー技士過去問(ボイラーの構造、燃焼室)公表問題まとめ

ボイラー公表問題 ボイラーの構造(燃焼室まとめ)

令和元年10月公表問題

(1)ボイラーの燃焼室、伝熱面及び燃焼装置について、誤っているものは次のうちどれか。
燃焼室は、燃料を燃焼させ熱が発生する部分で、火炉ともいわれる。

→〇 そのまま覚えましょう。

(2)燃焼装置は、燃料の種類によって異なり、液体燃料、気体燃料及び微粉炭にはバーナが、木材、石油コークスなどの固体燃料には一般に、火格子、流動層などが用いられる。

→〇 液体燃料、気体燃料及び微粉炭にはバーナです。木材、石油コークスなどの固体燃料には一般に、火格子、流動層などが用いられます。

気を付けてるポイント

逆の問題に注意してください。

例 液体燃料、気体燃料及び微粉炭には火格子、流動層などが木材、石油コークスなどの固体燃料には一般に、バーナなどが用いられる。

(3)燃焼室は、供給された燃料を速やかに着火・燃焼させ、発生する可燃性ガスと空気との混合接触を良好にして、完全燃焼を行わせる部分である。

→〇 ボイラー本体と一体に構成されることが多いです。

気を付けてるポイント

①完全燃焼です。部分燃焼ではありません。

(4)加圧燃焼方式の燃焼室は燃焼室内を大気圧以上に保たせている。

→〇  加圧燃焼方式なので大気圧以上じゃないといけません。また燃焼室を気密構造にしなければいけません。

気を付けてるポイント

①大気圧以上です。以下ではありません。

②気密構造です。開放構造ではありません。

(5)高温ガス通路に配置され、主として高温ガスとの接触によって受けた熱を水や蒸気に伝える伝熱面は、放射伝熱面といわれる。

→✖ 高温ガスとの接触によって受けた熱を伝える伝熱面なので、接触伝熱面又は対流伝熱面といいます。

ちなみに放射伝熱面は、燃焼室に直面しているもので火炎などからの強い放射熱を受ける部分です。

この接触伝熱面や放射伝熱面をごちゃごちゃにしないように気をつけてください。

平成29年4月公表問題

(1)燃焼室は、燃料を燃焼し熱を発生する部分で、火炉ともいわれる。

→〇 そのまま覚えましょう。

(2)燃焼装置は、燃料の種類によって異なり、液体燃料、気体燃料及び微粉炭にはバーナが、一般固体燃料には火格子などが用いられる。

→〇

気を付けてるポイント

逆の問題に注意してください。

例 液体燃料、気体燃料及び微粉炭には火格子、流動層などが木材、石油コークスなどの固体燃料には一般に、バーナなどが用いられる。

(3)燃焼室は、供給された燃料を速やかに着火、燃焼させ、発生する可燃性ガスと空気との混合接触を良好にして完全燃焼を行わせる部分である。

→〇

気を付けてるポイント

①完全燃焼です。部分燃焼ではありません。

(4)加圧燃焼方式の燃焼室は、気密構造になっている。

→〇

気を付けてるポイント

①大気圧以上です。以下ではありません。

②気密構造です。開放構造ではありません。

(5)燃焼室に直面して火炎などから受けた放射熱を水や蒸気に伝える伝熱面は、接触伝熱面といわれる。

→✖ これは放射伝熱面の説明ですね。やはり接触伝熱面と放射伝熱面を引っ掛け用としてきてますね。

平成28年10月公表問題

(1)燃焼室は、燃料を燃焼し熱を発生する部分で、火炉ともいわれる。

→〇 そのまま覚えましょう。

(2)燃焼装置は、燃料の種類によって異なり、液体燃料、気体燃料及び微粉炭にはバーナが、一般固体燃料には火格子などが用いられる。

→〇

気を付けてるポイント

逆の問題に注意してください。

例 液体燃料、気体燃料及び微粉炭には火格子、流動層などが木材、石油コークスなどの固体燃料には一般に、バーナなどが用いられる。

(3)燃焼室は、供給された燃料を速やかに着火、燃焼させ、発生する可燃性ガスと空気との混合接触を良好にして完全燃焼を行わせる部分である。

→〇

気を付けてるポイント

①完全燃焼です。部分燃焼ではありません。

(4)加圧燃焼方式の燃焼室は、気密構造になっている。

→〇

気を付けてるポイント

①大気圧以上です。以下ではありません。

②気密構造です。開放構造ではありません。

(5)高温ガス通路に配置され、主として高温ガスとの接触によって受けた熱を水や蒸気に伝える伝熱面は、放射伝熱面といわれる。

→✖ 高温ガスとの接触によって受けた熱を伝える伝熱面なので、接触伝熱面又は対流伝熱面といいます。

ちなみに放射伝熱面は、燃焼室に直面しているもので火炎などからの強い放射熱を受ける部分です。

この接触伝熱面や放射伝熱面をごちゃごちゃにしないように気をつけてください。

平成27年4月公表問題

(1)燃焼室は、燃料を燃焼し熱を発生する部分で、火炉ともいわれる。

→〇 そのまま覚えましょう。

(2)燃焼装置は、燃料の種類によって異なり、液体燃料、気体燃料及び微粉炭にはバーナが、一般固体燃料には火格子などが用いられる。

→〇

気を付けてるポイント

逆の問題に注意してください。

例 液体燃料、気体燃料及び微粉炭には火格子、流動層などが木材、石油コークスなどの固体燃料には一般に、バーナなどが用いられる。

(3)燃焼室は、供給された燃料を速やかに着火、燃焼させ、発生する可燃ガスと空気との混合接触を良好にして完全燃焼を行わせる部分である。

→〇

気を付けてるポイント

①完全燃焼です。部分燃焼ではありません。

(4)燃焼室は、加圧燃焼方式の場合は開放構造になっている。

→✖ 気密構造です。加圧燃焼方式なので、圧力を上げないといけないんですけども、開放されたら圧力なんて上がりません。

(5)高温ガス通路に配置され、主として高温ガスとの接触によって受けた熱を水や蒸気に伝える伝熱面は、接触伝熱面といわれる。

→〇

以上となります。

最新情報をチェックしよう!