2級ボイラー技士過去問(ボイラー構造、容量及び効率)

ボイラー公表問題 ボイラーの構造(ボイラー構造、容量及び効率まとめ)

令和3年4月公表問題

(1)蒸気の発生に要する熱量は、蒸気圧力、蒸気温度及び給水温度によって異なる。

→〇 その通りです。なのでボイラー容量を換算蒸発量によって示す場合もあります。

(2)換算蒸発量は、実際に給水から所要蒸気を発生させるために要した熱量を、0℃の水を蒸発させて、100℃の飽和蒸気とする場合の熱量で除したものである。

→✖ これは0℃の水ではなく、100℃の飽和水です。ちなみに、100℃の飽和水を蒸発させて、100℃の飽和蒸気とする場合の熱量は2257(kJ/kg)です。

さらに換算蒸発量の公式は

Ge=G(h2-h1)/2257(kg/h)

・Ge=換算蒸発量 G=実際蒸発量(kg/h)
・h1=給水の比エンタルピ(kj/kg)
・h2=発生蒸気の比エンタルピ(kj/kg)

(3)蒸気ボイラーの容量(能力)は、最大連続負荷の状態で、1時間に消費する燃料量で示される。

→✖ 1時間に消費する燃料量でななく、蒸発量(kg/h又は、t/h)です。

(4)ボイラー効率を算定するとき、燃料の発熱量は、一般に低発熱量を用いる。

→〇 これはこの公式を、頭入れときましょう。

ボイラー効率 =G(h2-h1)/F×Hl×100(%)

・G=実際蒸発量(kg/h)
・h1=給水の比エンタルピ(kj/kg)
・h2=発生蒸気の比エンタルピ(kj/kg)
・F=燃料消費量(kg/h)
・Hl=燃料低発熱量(kj/kg)
この公式にあるように、燃料低発熱量はボイラー効率算定に
用いられる。

平成30年10月公表問題

(1)蒸気ボイラーの容量( 能力 )は、最大連続負荷の状態で、1時間に発生する蒸発量で示される。

→〇 「蒸発量」という言葉を変えてくる可能性がありますので、注意してください。

(2)蒸気の発生に要する熱量は、蒸気圧力、蒸気温度及び給水温度によって異なる。

→〇一定ではありません。

(3)換算蒸発量は、実際に給水から所要蒸気を発生させるために要した熱量を、0°Cの水を蒸発させて100°Cの飽和蒸気とする場合の熱量で除したものである。

→✖ これは0℃の水ではなく、100℃の飽和水です。ちなみに、100℃の飽和水を蒸発させて、100℃の飽和蒸気とする場合の熱量は2257(kJ/kg)です。

公式を頭に入れましょう。
Ge=G(h2-h1)/2257(kg/h)

・Ge=換算蒸発量 G=実際蒸発量(kg/h)
・h1=給水の比エンタルピ(kj/kg)
・h2=発生蒸気の比エンタルピ(kj/kg)

(4)ボイラー効率とは、全供給熱量に対する発生蒸気の吸収熱量の割合をいう。

→〇

(5)ボイラー効率を算定するとき、燃料の発熱量は、一般に低発熱量を用いる。

→〇 これはこの公式を、頭入れときましょう。

ボイラー効率 =G(h2-h1)/F×Hl×100(%)

・G=実際蒸発量(kg/h)
・h1=給水の比エンタルピ(kj/kg)
・h2=発生蒸気の比エンタルピ(kj/kg)
・F=燃料消費量(kg/h)
・Hl=燃料低発熱量(kj/kg)
この公式にあるように、燃料低発熱量はボイラー効率算定に用いられる。

平成30年4月公表問題

(1)蒸気ボイラーの容量( 能力 )は、最大連続負荷の状態で、1時間に発生する蒸発量で示される。

→〇 「蒸発量」という言葉を変えてくる可能性がありますので、注意してください。

(2)蒸気の発生に要する熱量は、蒸気圧力及び蒸気温度にかかわらず一定である。

→✖ 蒸気の発生に要する熱量は、蒸気圧力、蒸気温度及び給水温度によって異なります。

(3)換算蒸発量は、実際に給水から所要蒸気を発生させるために要した熱量を、2257kJ/kgで除したものである。

→〇

公式を頭に入れましょう。
Ge=G(h2-h1)/2257(kg/h)

・Ge=換算蒸発量 G=実際蒸発量(kg/h)
・h1=給水の比エンタルピ(kj/kg)
・h2=発生蒸気の比エンタルピ(kj/kg)

(4)ボイラー効率とは、全供給熱量に対する発生蒸気の吸収熱量の割合をいう。

→〇 逆に聞いてくる時があるので気をつけてください。

(5)ボイラー効率を算定するとき、燃料の発熱量は、一般に低発熱量を用いる。

→〇

ボイラー効率 =G(h2-h1)/F×Hl×100(%)

・G=実際蒸発量(kg/h)
・h1=給水の比エンタルピ(kj/kg)
・h2=発生蒸気の比エンタルピ(kj/kg)
・F=燃料消費量(kg/h)
・Hl=燃料低発熱量(kj/kg)
この公式にあるように、燃料低発熱量はボイラー効率算定に用いられる。

平成27年10月公表問題

(1)蒸気ボイラーの容量(能力)は、最大連続負荷の状態で、1時間に発生する蒸発量で示される。

→〇 「蒸発量」という言葉を変えてくる可能性がありますので、注意してください。

(2)蒸気の発生に要する熱量は、蒸気圧力、蒸気温度及び給水温度によって異なる。

→〇 一定ではありません。

(3)換算蒸発量は、実際に給水から所要蒸気を発生させるために要した熱量を、2257kJ/kgで除したものである。

→〇

公式を頭に入れましょう。
Ge=G(h2-h1)/2257(kg/h)

・Ge=換算蒸発量 G=実際蒸発量(kg/h)
・h1=給水の比エンタルピ(kj/kg)
・h2=発生蒸気の比エンタルピ(kj/kg)

(4)ボイラー効率は、実際蒸発量を全供給熱量で除したものである。

→✖ 正しくは、全供給熱量に対する発生蒸気の吸収熱量の割合です。

(5)ボイラー効率を算定するとき、燃料の発熱量は、一般に低発熱量を用いる。

→〇

ボイラー効率 =G(h2-h1)/F×Hl×100(%)

・G=実際蒸発量(kg/h)
・h1=給水の比エンタルピ(kj/kg)
・h2=発生蒸気の比エンタルピ(kj/kg)
・F=燃料消費量(kg/h)
・Hl=燃料低発熱量(kj/kg)
この公式にあるように、燃料低発熱量はボイラー効率算定に用いられる

以上となります。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!