ビルメンに向いている人の特徴9選をご紹介

どうも田中です。
今回はビルメンの向いている人の特徴9選というテーマでお話しします。

なぜ今回この動画は作成したのか?
これからビルメンを目指す中で、自分はビルメンに向いているだろうか?っと不安になりますよね。

そこで今回は、ビルメンを8年間経験してきた中で、未経験から入ってきた人を何人も見てきましたが、こんな人はビルメンに向いてるよという七つの特徴をご紹介いたします。

これからビルメンを目指そうとしてる方は是非最後までご覧ください。

サクッと動画で見たい方はこちら!

謙虚な人

謙虚な人は、先輩ビルメンからの教えに対し、自分の意見などをかぶせず素直に受け入れます。

まずビルメンを目指す上で、一人前になるというのが一つの目標だと思いますが、その一人前になるまでに、ある程度仕事を覚えないといけません。

仕事を覚えるというのは、先輩の教えに対し、謙虚に学ばないと一人前になるまで遠くなります。

また先輩ビルメンから

「こいつは謙虚じゃない」

「だから仕事なんて教えない」
という風に思われてしまったら、放置されて、その現場にいられなくなってしまう可能性もあります。

なので謙虚さというものは非常に大事です。

もちろんお客様や、オーナーさんに対しても謙虚な姿勢で接さないと、クレームが来てしまい、やはりその現場にいられなくなってしまう可能性があります。

なので、謙虚の方はビルメンには向いていると思います。

言われた事以外は、やらないと決めている人

では余計なことをしてしまうことによって、事故を起こすリスクがあります。

ビルメンは、設備を管理するのが仕事です。
設備の操作などを誤り、事故を起こしてしまうと、影響範囲がものすごく広いです。

田中
下手したら収拾がつかなくなる

もちろん小さいのもありますが、大抵はお客様に迷惑をかけてしまうレベルです。

なのでビルメンの仕事で、余計なことをするというのは本当にリスクがあります。

その中で、言われたこと以外は基本的にやらないというスタンスのビルメンだと、まず自分で冒険をして

・設備のスイッチを押してみたり

・勝手に操作してみたり

・鍵を持って館内をウロウロしてみたり

そのようなことはしません。

また設備の不具合が発生した際、専門業者が現地調査を行っている時に、横から色々と口を出して、専門業者の邪魔をしたりするビルメンも中にはいますが、このようなことをしてしまうと、設備の復旧も遅れてしまいます。

設備の復旧が遅れてしまうということは、 お客様やオーナー様にも迷惑をかけてしまうということになります。

なので、勝手なことはやらず、言われたこと以外はやらないというスタンスの人は、ビルメンが向いてます。

ただしここで注意点があります!

それは指示待ち人間になってはいけません。

例えば新人として入ってきた時に、先輩ビルメンが何も教えてくれないという理由で、 じっと椅子に座ってるようではいけません 。

積極的に教えてもらいましょう。

勉強するのが好きな人

ビルメンの仕事の一つとして、資格の取得があります。
資格の取得をするためには、自分の休みの時間を使って勉強したり、通勤時間を使って勉強したり、恵まれた現場だと待機時間に勉強することができます。

いずれにしても勉強しないと資格の取得というものできません。
ということは、勉強するのが好きな人というのは、ビルメンに向いています。

それと、資格を取ることに明確な目標がある方も、ビルメンに向いています。

資格を取ることの明確な目標というのは

・資格手当を生活費に充てたい

・資格を取って転職をして、年収を上げたい

・電気主任技術者などの資格を取り、選任されて責任感がある仕事をしたい

などなど資格を取ることに対する目標がある方というのは、必然的に資格を取ろうとしますので、ビルメンの仕事は向いてると思います。

ちなみにこのような目標がないビルメンは、危険物乙4と電工二種だけを取り、あとは防災センター要員など会社から取得指示があった資格しか取りません。

そのような方は当然、会社からの評価は高くないですし、転職して年収を上げるのも厳しいです。

それと万が一、現場が無くなったら、 違う現場での受け入れ先の間口が狭くなります。

このような理由で、ビルメンにとって資格が無いというのは、かなり不利な状況になります。

そこで勉強が好きな方というのは資格の勉強も苦ではないので、ビルメンに向いてます。

またビルメンは、基本的に設備の仕組みなどに興味を持たないと、続かない仕事です。

そこで勉強熱心な方は、 設備の仕組みなどを知る努力をします。
具体的には

・先輩ビルメンに質問して聞いたり

・定期点検に来る業者に熱心に聞いたり

このようなことは勉強が好きだからできることであって、勉強が嫌いなビルメンはこのようなことにも興味を示さないので、厳しいです。

ビルメン業務は脳死状態でもできると思ってる方もいるかもしれませんが、設備の仕組みを理解したり意外と頭を使いますのでご承知おきください。

改革や改善の意識が無い人

ビルメンの人達は、変化を嫌います。
特に点検の時は、前回同様という言葉が好きです。

そんな中、現場の改善だの改革だの運動を起こす人がいたら、ビルメンの人たちはその人を排除しようとします。

そのような理由で、改善や改革に全く興味がない人は、ビルメンに向いています。

先ほど話した、余計なことはするな!

ではないですが、改善や改革というのもビルメンからしたら、余計なことの分類に入ります。

なので、改善や改革に全く興味が持てない人というのは、ビルメンに向いています。

忙しくない仕事がしたい人

ビルメンの仕事は、小売や飲食業などと比べれば、忙しくないです。
確かに、商業施設など忙しい現場も中にはありますが、それでも小売や飲食業などと比べれば、忙しくはありません。

小売や飲食業は、ずっと立ちっぱなしで、お客様をお待たせさせないために、出来る限りのスピードで業務をこなします。

それに比べてビルメンは、いくら忙しい商業施設の現場でも、座れる時間はありますし、出来る限りのスピードでやるのは無理をしてしまうので、危ないです。

どちらかというと、スピードを重視するよりも、安全面を重視します。
なのでゆっくり丁寧にというのが、ビルメンの中のスローガンでもあります。

このような理由で、忙しくない仕事をしたい人は、ビルメンに向いています。

またビルメンの業務は、契約によって決まっていて、防災センターに時間から時間までいるのがビルメンの仕事となります。

なので、定時が来たら残業は無く、かなり高い確率で帰れます。
たまに、緊急対応などがあって、人がいなくて残らないといけない場合もありますが、大体は帰れます。

ちなみに、忙しい商業施設でも定時には帰れます。
しかし、小売や飲食業、さらに営業などの仕事は

・忙しすぎ

・売上が無い

ノルマ達成してない

などで帰りたくても帰れないという状況があると思います。

この点でも、忙しくない仕事をしたい人にとってはビルメンはお勧めです。

やりがいを仕事に求めない人

ビルメンの仕事ははっきり言って、やりがいは少ないです。
人によっては、対応業務でお客様から感謝の声を聞いて、やりがいを感じる人もいるかもしれませんが、大体は点検や対応がメインの仕事なので、ルーティン業務をこなし1日が終わります。

なのでやりがいは、期待できません。

というのもビルメンの仕事は、何もトラブルが起きないというのが最高の結果となります。

現場によっては、一年間に数回しかトラブルが起きない現場もあります。

そのような問題が発生しない現場に配属された場合は、やりがいはあまり感じられないです。

しかし、やりがいが無い仕事をしたいという気持ちがある方はオススメです。

チームプレーが好きな人

ビルメンの仕事は、チームプレーがほとんどです。
一見一人で黙々と点検を行うような仕事に見えますが、皆でビルを運営しなければいけませんので、チームプレイが必要となります。

そこで、チームプレーの意識で仕事ができる人はビルメンに向いてます。

逆に、個人プレーに走る方はビルメンに向いてません。
個人プレーに走られると、迷惑だと感じてしまうビルメンもいますので、排除されてしまいます。

なので、仕事はチームプレイでやるのが当たり前でしょう!情報共有は当たり前でしょう!
という意識で仕事できる人は、ビルメンに向いております。

癖のある人と関わる事に苦ではない人

ビルメンの人たちは癖のある人が多いです。
なので、癖のある人でも普通にコミュニケーション出来るという人はビルメンに向いてます。

逆に癖のある人間は生理的に受け付けない、変な人と関わりたくない等の考えを持っている人はビルメンには向いてません。

お金に困っていない人

ビルメンの仕事は、噂には聞いてると思いますが、給料が安いです。
未経験ですと最初は大抵独立系ビルメン会社で働くと思います。

独立系ビルメン会社の手取りは18万円ぐらいでボーナスはOもしくは寸志レベルということは覚悟しておいた方がいいです。

そのような状況になるので、生活水準が高い方はビルメンはきついと思います。

逆に(私の事ですが・・)今までブラックな小売業界などにいて、年収が300万円で生活をしていた方などは、収入は前職と変わらないけど仕事が前よりも楽になって、充実した生活を送れるし人間らしい生活が送れてると実感できます 。

それと根本的に、お金に困ってない方はそもそもビルメンなんてやらないかもしれませんが、ビルメンは給料が安いので向いていると思います。

まとめ

今回は、ビルメンに向いている人の特徴9選というテーマでお話ししましたが、いかがでしたでしょうか?

ビルメン業界は、給料が安いですし、正直変な人がたくさんいます。
しかしそのような状況下で、一人前になっていかないといけません。
そのためには、謙虚な心で仕事を学び、年収300万程度に生活水準も合わせていかないといけません。

さらに業務で余計なことをしてしまうと、現場から追放されてしまうことにもなりかねません。

そのことを踏まえた上で、ビルメンを目指すことをお勧めいたします。

また、この記事を見ている現役ビルメンの方で、「こんな人はビルメンに向いてるよ」っていうのがあればコメント欄にお願い致します。

最新情報をチェックしよう!